名誉会長 日野原重明

 
 
名誉会長 日野原 重明

 

 

日本に於いては毎年30,000人の人々の自殺があります。その理由の一つとして孤独死が挙げられております。社会から、また家庭からの孤立、また生きがいを無くした人達です。
もう一つの社会問題として子供の自殺もまた大きな問題の一つです。その理由はいじめが原因とされて居りますが、昔の日本の強い者が弱い者を助けるという考えから逆に弱い者をいじめるという風習になってきたのが現状です。私達、この協会は動物と人との触れ合いを通じ「愛と絆」の共生関係の素晴らしさを広く社会に浸透させることで生命の尊さや動物と人とが共生する環境を守る大切さを感じる心、更には私たちが幸せに暮らせる土台である社会の平和を希求する心を育成しより良き社会の実現に寄与することを目的とします。

このたびNPO法人として2013年1月に認可されました。この運動は当初ニューヨーク市の慈善家の青木恵子によって始められましたが、東京在住で数多のNPOの役員を務めている日野原重明(聖路加メディカルセンター理事長.財ライフ プランニング センター理事長.「新老人の会」会長)を名誉会長に向かえ今日に至っています。来る8月28日にプレスセンターにて東京初の立ち上げパーティーを行ないます。一人でも多くの方々が会員として参加されることを希望します。

〈日野原 重明〉
1911年山口県生まれ。37年京都帝国大学医学部卒業。41年聖路加国際病院内科医となる。
以来、内科医長、院長代理、院長を経て、現在は、一般財団法人 聖路加国際メディカルセンター理事長・同名誉院長、聖路加看護学園名誉理事長、財団法人ライフ・プランニング・センター理事長など。98年東京都名誉都民、99年文化功労者、2005年文化勲章を授与される。早くから予防医学の重要性を指摘し、終末期医療の普及、医学・看護教育に尽力。成人病とよばれていた病気について「生活習慣病」という言葉を生み出すなど、常に日本の医療の先端を走っている。101歳の現在も、医師としての活動を続けている。
2000年9月には、これまでの人生で培った経験や過去の教訓を次世代に伝えることを目的に、75歳を過ぎても元気で自立した人を募り「新老人の会」を結成。同年春から雑誌『いきいき』に「生きかた上手」の連載を開始、現在も好評連載中。01年に刊行した『生きかた上手』は、この連載をまとめたもので、ミリオンセラーとなる。2013年4月、新たな書き下ろしを加えた『生きかた上手新訂版』がいきいき株式会社より刊行される。